Pianist and Composer Yoshiko Ikuta Official Web−Page
TOPへ戻る
INFORMATION
PROFILE
ESSAYS
LINKS
 
 
 

平成2710

●足利演奏旅行           生田 美子

平成二七年十月十六日、ピアノ演奏頼まれ足利市を訪ふ。足利に生れニューヨークにて学びたるフルーティストと共演するが為なり。ピアノは巴里起原の一九二五年作られたるものにて「プレイエル」と銘うたれ、ダブル・エスケイプメントと呼ばるる機能にて現代のピアノに近き作りなり。甘美なる音色ゆえ、美しき旋律を創作したるフリデリック・ショパンの好みたる楽器なり。さらに透かし紋様の彫られし譜面台の両端に当時の生活を偲ばする二つの燭台ありて、まさに宝飾品とも云ひ得べし。プレイエルなる歴史的に位置づけられたる、所謂ヴィンテージ楽器を現代の今奏するに、作曲家の楽器への強き思ひを意図せること想像せられうる楽しみは格別なり。

フルートは倫敦にて一九〇〇年頃制作せられたる「ルーダル・カルテ」てふ、木による楽器を用ゐて演奏せられたり。かくして凡そ百年前のピアノとフルートの二つの音融合せるによりて「100年コンサート」と題し、昨年にひきつづき「足利歴音会」により企てられたる会なり。

本日の曲目は、耳に快きモーツァルト作品に始まり、続きてオペラの如き味ひ深きドニゼツティ、仏蘭西のエスプリの趣きを想起せしむるフォーレを経て、(和)琴奏者が出演す。ショパンの旋律を奏づれば、プレイエルのうるはしき音色に感慨一入なり。次なる華やかなるカルメンにて拍手の嵐をたまはり、アンコールにて今様風の七五調歌詞と西洋音楽の旋律合はさりし「荒城の月」、わが編曲にかかる合奏作品も奏したり。ヴィンテージ楽器なるピアノとフルートの饗宴よりは典雅の極致なる響き生まれ、聴衆の心をゆるがし、喝采の拍手を得て終演す。

翌朝、演奏会の拍手の余韻にひたりつつ、足利一族の歴史を辿るべく一族発祥の地を二時間余歩く。真言宗鑁阿寺、はたまた織姫神社なる歴史的建造物数多くあれど、足は日本最古の学校なる足利学校へ向ふ。

入場券は入学許可証の形とりたれば、学生の如き気分となれり。校門をくぐり行くに、一本の木あり。往昔、難解なる言葉を紙に綴りて枝に結ぶならば、翌日答現るるによりて、「字降松」と申し伝へはべる。懐かしき学生時代の漢字試験おのづと思ひ出づ。足利学校の創設年代は不明なり、然れど全国より学生集まりて我が国の発展の一助となりたる由。その教育方針、自ら納得ゆくまで学びて卒業すといふところより、生涯学習の原点とも言はれ、「自学自習」の精神はなほ後世までつながりたり。例へば足利学校にて学びたる吉田松陰の開校せし松下村塾、自学自習を教育の基本とし、自ら考ふる力を身に着けることによりて自立心、思考力、創造力を養ひ、発明、発見、はたまた革新、進化にまで及び、つひには社会貢献を目的とするに至る。思へば、ピアニストの常なる訓練こそ自学自習の精神なくしてはありえず、殊に歴史的楽器を用ゐて演奏することの深き意義そこにあれば、当時の演奏様式を単に模倣するのみならず、伝統を超え現代における創造的演奏を目指すことによる音楽の革新こそ重要なりと思はる。然して演奏解釈といふもの、演奏家の個性の自己犠牲の結果なれば、ピアノをとほして音楽美を伝へうる伝道者たること、これピアニストの責務なり。

さらには作品に個性を表現し創造的な作品を生まむと努むる作曲家とて、自学自習を旨として作曲せしも、よき作品となりたる暁は、個性を越え普遍的なるものになりて諸人に愛さるるに至ることこそをかしけれ。トマス・スターンズ・エリオット曰く「芸術家の進歩とは絶えざる個性の滅却」、之また真実なり。

今囘の足利演奏旅行は、我が国の知の結集せられたる地にて日本、外国双方の音楽を演奏しえ、足利学校訪問にて感得せられたる歴史的楽器演奏を通しての演奏家の心得べきことを再認識し、音楽を通しての喜びを社会に還元することにより創造的社会貢献をなすべしとの決意を固めたる、感銘深き出来事なりき。足利学校の土産に買ひし論語の本を読みつつ帰路に着きぬ。

 


作品から伝え得るもの(平成15年11月)

  品川区立清水台小学校開校50周年記念曲を委嘱された。全校生徒が歌と楽器で参加する20分程度の作品。

 言葉の乱れが嘆かれるなか、美しい日本語で書かれた曲を採り入れたいという音楽の先生と私の一致した意見から、永久に歌い継がれてほしい童謡・唱歌を春夏秋冬のメドレーで構成した。一方、楽器群は、リコーダーや鍵盤ハーモニカといったどの学校にもある楽器を基本に用い、三味線、琴などの邦楽器を加えた。

 限られた練習回数の中で、全校生徒が一体となって作り上げる音楽はどのくらいのレベルに達するものなのか、まるで想像がつかなかった。生徒の中には、リコーダーが不得手だったり、音楽嫌いもいるはずだ。しかし、作曲にあたっては決して安易な方向にはしたくなかった。つまり、簡単な技術で派手な効果だけがあがる内容の薄い、妥協した音楽を書いても、そこには何の芸術的価値もないし、どんなに生徒が全力を尽くしたところで本物の音楽にはならないからだ。それでは学校に対しても、練習に励む生徒にも申し訳ない。そこで、故意に技術を易しくしたりせず、小学校で学ぶ範囲内を最大限に生かし、技術的にも内容的にも最高級レベルを要求する曲を書いた。

 クラス毎の練習と、全校生徒がそろっての合同練習を数回行なった後、私も練習に立ち会うことになった。校門をくぐると、小学校の懐かしい空気に包まれ、生徒たちが皆元気に挨拶をしてくれた。

 大太鼓や和太鼓、木琴、ティンパニーなど大型楽器のセッティングから、三味線、琴の下に敷く毛氈の準備まで、全て生徒たちが協力して行う。そしていよいよ練習が始まった。

  音楽の先生が指揮をされて、音楽が鳴り出す。自分の書いた曲の第一音が初めて響く瞬間。作曲家にとってこの一瞬は、なんとも言えない緊張感を体験する。期待と不安だけでなく、自分の中で温め吟味して選んだ音たちが、作曲者の手から演奏者の手へと渡る寂しさをも味わうこととなる。つまり、ここで初めて作品は作曲者の元を離れ、演奏者の息を吹き込まれながら独り歩きしていく。演奏者の解釈によって、作品がより深みを増すこともあれば、つまらない音楽になってしまうこともあるが、ここから先は、作曲者の出る幕はほとんどない。この記念曲も例外ではなく、先ほど校門で元気に挨拶をしてくれた生徒たちに受け渡され、彼らの演奏次第(育て方次第)で変化する彼らの「子供」になるのだ。学校の創立を祝って音に託した私なりの思いを、初々しい純粋な心をもつ生徒たちがどの様に受け止め、演奏してくれるのだろうか。

shimizudai_mikoshi2.jpg (18558 bytes)

 演奏は、私が想像していた以上の出来であった。一音一音が、小学生の息を通って生き生きと鳴っている。しかし、演奏するまでわからなかったこの作品の難しさがあった。それは、17曲からなるメドレーで構成しているため、前の曲から次の曲へのつなぎで油断してしまうと、音楽が止まってしまうのだ。特に、ソロを担当している生徒が楽器の準備を忘れてしまうと、せっかくの演奏がそこで中断されてしまうことになる。音楽の先生は、その生徒に厳しく注意をした。せっかく全員がつくってきた音楽が、たった一人の油断のために台無しになってしまうということを、全校生徒の前で指摘された。プロのオーケストラ団員なら絶対にない不注意(おそらくオケが首になるでしょう)だが、小学生ならありうる出来事だった。生徒にとって、皆でつくりあげる際の自己責任を学ぶ機会となったようだ。

shimizudai_shishi2.jpg (22971 bytes) このようにして、いよいよ本番を迎えた(2003.10.25.)。お神輿を小さい学年が担ぐ「村祭」から始まり、「お正月」では図工の先生と生徒たち合作の獅子舞も登場、小学校の祝い歌に替えた「万博の歌」フィナーレに至るまで小学生の集中力は相当たるもので、止まる心配どころか、聴衆を「音世界による小学校」へと誘導していった。また音楽の進行に合わせて、生徒たちによる学校の歴史、行事を伝える台詞が入り、昔の映像をパワーポイントで流し、学校に縁のある来賓の方々の目を楽しませる豪華な作品になった。「開校以来の大規模な企画、大成功の演奏でしょう」という校長先生と音楽の先生は、興奮を隠し切れない様子であった。

 学校の開校50周年に偶然にも立ち会うこととなった全教員と全生徒が一団となって準備を進めるためには、大変なご努力、ご苦労があったに違いない。「この曲の練習によって、今まで自信のなかった子供が、皆の足を引っ張らないように一生懸命練習して楽器が上達し、ぐんと力を伸ばし自信をつけました。下のレベルの子が上のレベルの子を追い越し、互いに向上心をもって全体のレベルがあがっていきました」という音楽の先生のお言葉は、現場教師ならではの鋭い発言だと思う。私も学校のお祝い、生徒の成長に多少は貢献できたかもしれない。しかしそれ以上に、「学校の伝統を祝う」という特別な意味を持つ作品を書かせていただいたことよって、「作品から何を伝えることができるのか、また何を伝えていくべきなのか」という課題について深く考えさせられた。

  「流行」という商品化されたものがもてはやされつつある今日、あまりにも一過性のものが多い。作品を後世に残す「作曲家」を生業としている私にとって(曲が残らなくても良いと考える作曲家もいるが)、今回の委嘱作曲は、作品から伝えうる「何か」を求めて、音を厳選しそれらを組み立て、本物の音楽を創らなくてはならない作曲家としての責任を改めて痛感させられる体験となり、感謝している次第である。(2003.11.20.記)

shimidzudai50.jpg (44667 bytes)


付記:清水台小学校  品川区旗の台1−11−17(東急池上線・大井町線 旗の台駅徒歩5分)
電話03−3781−4841

☆編成
うた
リコーダー(ソプラノ、アルト)
鍵盤ハーモニカT、U
アコーディオン(ソプラノ、アルト、テノール、バス)
木琴T、U
鉄琴T、U
グロッケン
マリンバ
トーンチャイム
ウインドチャイム
大太鼓
小太鼓
ティンパニー
シンバル

三味線
和太鼓
締太鼓
摺鉦
ピアノ
電子オルガン

☆    使用曲
村祭→もみじ→一番星みつけた→冬の夜→お正月→雪→たきび→うれしいひなまつり→
春が来た→さくらさくら→こいのぼり→茶つみ[演奏時間の都合により省略]→
たなばたさま→ほたるこい→蛍→海→羽衣→万博のうた(フィナーレ)