●著作(著書/雑誌等執筆)
●新聞雑誌等への掲載履歴
●番組企画・出演、講演履歴

出演予定 BS-TBS「諸説あり!」12/16
読売テレビ「ワケあり! レッドゾーン」1月中旬
新聞連載…東京スポーツ新聞

毎月第2週の月曜日発売号「ニッポン埋蔵金紀行」
(Last Updated 2017/9/10)



●本HPが紹介され
ているサイトや、トレ
ジャー・ハンティング
関係のHPへご案内



●宝探し同好会、
日本トレジャー
ハンティング・
クラブのご紹介

↓これより先は、未成年の方の閲覧を禁止してはいませんが、人格形成に悪い影響を及ぼす恐れのある内容が含まれていますので、下の <注意事項> をよく読んだうえで入場してください。
   日本の埋蔵金伝説    これが宝探しの現場
 2  過去に発見された埋蔵金    埋蔵金の法律知識
 3  宝探しのノウハウ  6  砂金採りのノウハウ


WARNING

<注意事項> Please take care not to spoil your life!
トレジャー・ハンティング(宝探し)は夢とロマンの対象である反面、とてつもない魔性も秘めています。“一攫千金”の欲望だけにとりつかれて、人生のほとんどを探索にかけ、財産を失い、家族や社会的信用も失い、最後は食うや食わずで独り寂しく死んでいった人が何人もいます。実のところ、日本にはその存在が100パーセント確実な埋蔵金など1つもありません。ですから、それを当てにして、人生までかけるのは非常に危険なことなのです。でも、不確実であるからこそ、これほどエキサイティングで知的好奇心を満足させる行為はないともいえます。要は取り組み姿勢とやり方で、本気になってのめり込むことなく、客観性と遊び心を失わなければ、危険も回避できますし、ほかにない醍醐味を味わうことができるでしょう。ただ、矛盾するようですが、完全な遊びにしてしまうと、これまた実につまらないものになりますから、「やる以上は真剣に、引くべきときは思い切りよく」というのが、トレジャー・ハンターの鉄則です。そんなタフな精神力をもつ人でないと、この世界に入っていく資格はないと私は考えます。1~6のページへ単なる好奇心から入場されるのはもちろんかまいませんが、中には異常な興味をおぼえる方もいるかもしれませんので、老婆心ながら、ひと言注意を与えさせていただく次第です。「自分は絶対黄金に目がくらんで人生を棒に振ることはない」という自信のある方だけ入場してください。

黄金に目がくらまないという
 自信がある→ENTER      自信がない→EXIT

このサイトへのリンクは自由です。リンクされる場合は事後でもけっこうですのでご一報願います。


Copyright 2000~2015 Mitsuhiro Yaeno. All rights reserved. 無断転載・複製禁止