◆小中学生向けの科学雑誌「コペル21」の企画・編集(1983〜1992年)
◆読売新聞西部本社主催「ジュニア・サイエンス・クラブ」の企画・コーディネート・講師(1991〜2006年)
◆熊本県水俣市の「おもしろサイエンス倶楽部」の講師(1994〜1995年)
◆日本文理大学(大分市)の学生を対象にした科学実験指導(1996年)
◆公文教育研究会の各地事務局主催のイベントの講師(郡山、つくば、東京、横浜、千葉、静岡、名古屋、福井、津、久留米、熊本) (1997年〜)
◆愛知県豊橋市・エコカーチャンピオンシップでの基調講演、科学実験教室ほか(2000〜2005年)
◇以下は「ジュニア・サイエンス・クラブ」のテキストやホームページで使用した解説です。

  1から5までは順番に読んで勉強しましょう。 
 1.エネルギーの基礎知識
   エネルギーとは、「ものがもっている仕事をする能力」のことをいう。
 2.いま地球上に起こっているいろいろな環境問題
   以前の「公害」とちがう点は、地球全体の問題であるということ。
 3.地球温暖化が起きるしくみ
   温暖化は空気中に「温室効果ガス」が増えることによって起きる。
 4.世界と日本のエネルギー利用のようす
   日本は世界有数のエネルギー消費国
 5.温暖化ストップのために
   私たち一人ひとりにできることがある!
 ◆エネルギーと環境問題に関連した実験メニュー
   電池や発電機の基本的な原理を楽しく学ぼう!
■子ども向けの科学セミナーや実験教室、テレビ番組、出版のご相談は八重野充弘事務所へお気軽にご相談ください。電話03-3708-0453 E-mailはこちらからどうぞ →
トップページへ
Copyright 2000〜 Mitsuhiro Yaeno. All rights reserved. 無断転載・複製禁止