呼称・廃遊園地T
場所・東北地方
廃墟には様々なジャンルがあるが、自分が最も好きなものの一つが遊園地廃墟。
遊園地と廃墟というコントラストか残酷でありながらも 切なく美しいからだ。
現場に着いたのは6時過ぎ。
地形の特徴から発生する濃霧で視界はほとんど無かった。
最も高い場所であるジェットコースターのレールをのぼってみた。
霧に覆われた視界はこの世のものとは思えないほど幻想的だった。
自分は霧に包まれた廃墟をいくつか見てきたが その瞬間そこには神が降りているのかもしれない。
ふと後ろを振り返ると そこにはなんともアイクルシイ観覧車が。
傷ついた白龍が草の上に身を休めていた。
日が差し込み 霧も消えてきた。ここはジェットコースター乗り場だ。
三ツ星のマークがなんだかかわいい。
これだけ見晴らしのいいジェットコースターは楽しかったんだろうな。
遊園地の主役の風格はまだ残っている気がした。
高台の上にある観覧車までやってきた。
こういう形のゴンドラは最近見ることが少なくなった。お台場のとかは円錐型だった気がする。
色褪せたゴンドラの色 これこそが廃墟の色彩。
廃遊園地Tは県内最大規模の遊園地だったそうだ。
県内で初めてジェットコースターなど大型機種が取り入れられた遊園地でもある。
開園は昭和48年。