呼称・旧日本陸軍兵器工場 275号館
場所・ 東京都北区
横浜 みなとみらいの『横浜赤レンガ倉庫』や
群馬県碓氷郡 旧 丸山変電所などとは対照的に、
ほぼ完璧な姿を残しながらも解体を待つ
美しい煉瓦の建物がある。
それが 旧日本陸軍兵器工場 275号館。
これが取り壊しの決まっている建物とは信じられない。
木製のドアもしっかりと残っている。
ドアの向こうには 思いがけない光景。
印象的なデザインの柱が無数に整列している。
この建物は2棟並んでいるものだと思いこんでいた。
ほとんど割れずに残っている窓ガラス。
壁、窓、柱。
大きな屋根を中央の柱が支えることでこの開放感が生まれている。
屋根を支える鉄骨
みずたまりには 冬の空の色。
大正8年に、旧日本陸軍により建てられたこの275号館。
かつてここは銃弾の芯を作る工場。その銃弾は多くの人の命を奪った。
戦争の歴史も記憶も葬り去られようとしている。
跡地には図書館が建つそうだ。
この建物の価値を理解できない人々は どんな本を並べるつもりだろうか。