呼称・奥多摩湖ロープウェイ
場所・東京都
奥多摩湖畔に眠るロープウェイの廃墟。
かつては開かれた廃線跡だったが、現在は固く閉ざされている。
北側に位置する川野駅。
付近には数件の飲食店があり、観光地として栄えた頃の名残を感じさせる。
奥多摩湖ロープウェイは、1962年 昭和37年の開業。
湖上を渡る観光ロープウェイとして人気を集めていた。
しかし、数年後には対岸を結ぶ橋が完成。
移動手段としての価値を失い、利用者は激減。
開業から4年後の1966年に運行を停止したまま、いつのまにか廃墟となってしまった。
長い年月を経て経年劣化や人的破壊もあるものの
素晴らしい保存状態を誇る。
この奇跡が終わらないうちに記録しなければ。