呼称・某競馬場一等観覧席跡
場所・関東地方
※かつては、競馬場内の見学会などが行われましたが、現在はそういった催しは行なわれていない様です。
これが某競馬場一等観覧席跡。
塔や窓のエッジの処理、アーチ型のアクセントなど重厚で美しい。
竣工:1930年、設計:モーガン
競馬場前は米軍施設。
1943年に海軍に接収されたのち1984年に返還された。
二等観覧席も一等観覧席に隣接して建っていたそうだが
1988年に解体されたそうだ。
毛細血管のような蔦の触手。
フェンスの中には緑色の世界が広がっていた。
骨組みだけのスタンドの屋根。
よく見るとスタンドの屋根の鉄骨は腐食が進み
着色された木製の柱によって支えられている。
蔦のグラデーションが本当に美しい。
内部の様子はどうなっているのだろうか。
スタンドの下のスペースに到着。